身体にやさしいメタルフリー治療

歯科治療では長年の間、虫歯 を削った後に金属製の詰め物・被せ物、いわゆる「銀歯」が使用されてきました。しかし金属はお口の中で目立つことに加え、経年によってお口の中で溶け出し、イオン化して金属アレルギーの原因になることがわかっています。ほかにも、歯ぐきを黒ずませるなど、さまざまな悪影響が問題視されているのです。

当院では、金属を用いないメタルフリー治療を積極的に行っています。セラミックによる、美しく身体に安全なメタルフリー治療。あなたも試してみませんか?

銀歯がもたらす悪影響

銀歯をはじめとする歯科金属は、審美面や安全面において次のようなさまざまな悪影響を及ぼします。

  • お口の中で溶けてイオン化し、金属アレルギーの原因になる
  • イオン化した金属が、歯ぐきを黒ずませる
  • 白い歯の中で金属の銀色が目立ってしまう
  • 天然歯より硬いため、咬み合う歯を傷める
  • 銀歯にはプラーク(歯垢)が付着しやすいため、虫歯・歯周病のリスクを高める

金属アレルギーとは

保険診療で歯を削った際によく使われる銀の詰め物・被せ物(通称「銀歯」)の多くは、金銀パラジウム合金という金属でできています。この金属は、長期間使用すると劣化することがあります。劣化すると金属はイオン化して溶け出し、溶け出した金属イオンが血中に取り込まれ金属アレルギーを引き起こすのです。

メタルフリー素材紹介

福生・羽村の「森田歯科医院」では、金属を使用しない新しい義歯や、白い歯にするセラミック素材をご提供しています。

メタルフリーの入れ歯

従来の義歯よりも薄く違和感が少ない新しい義歯を扱っています。


メタルフリーの被せ物

金属を使わない白い歯を扱っています。

  • ジルコニアクラウン
  • セラミック
  • CAD/CAM冠

お問い合わせフォーム

  • ページの先頭へ戻る